早漏予防

射精の制御ができないなら、エバーラストを試してみよう

エバーラストは、射精中枢に働きかけ、射精反射を遅らせることで早漏になるのを防ぐ医薬品です。

 

 

早漏とは、本人の意思と関係なく、射精をしてしまうことを指します。

 

 

つまり、射精を自分でコントロールできていないということです。

 

 

しかし、動物界では交尾中は敵に襲われやすいですし、快楽のためではなく子孫を残すための行為ですから、さっさと終わらせてしまいますよね。

 

 

けれども、動物の場合は、早漏だとは言いません。

 

 

何が違うのかというと、人間の場合は快楽のためと、パートナーに対する感情があるからでしょう。

 

 

自分も充分な快感を楽しんでから射精したいと願いつつ、パートナーにも満足してほしいと思うからこそ、早漏で悩むのです。

 

 

そうでなければ、早く射精してしまうことは、悩みのタネにはならないはずです。

 

 

エバーラストのダポキセチンという有効成分は、脳内にある三大神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンに作用します。

 

 

セロトニンは、精神面に大きな影響を与える物質で、興奮に作用するノルアドレナリンの暴走を抑制して、心のバランスを取る伝達物質です。

 

 

これらの働きで、自律神経をうまく制御することで射精を遅らせ、快感を長く楽しむことができるようになります。